2.

cranial sacral

身体が、心が疲れきっている時は……。自分好みの心地良いベッドに身体を沈ませて、心地良い毛布にくるまれて、子どもが誰かに見守られてすやすや眠るように、そんな時間がとれたらいいですよね。クレニオセイクラルでは、そんな包まれるような暖かさと安心感を感じてもらえる場を保ちます。

クレニアル(頭蓋)セイクラル(仙骨) この2つの間を繋いでいる脊柱(背骨)の中を通る脳脊髄液の流れに着目したセラピーです。この脳脊髄液の流れを良くすることで、自律神経、免疫システム、内分泌腺(ホルモン)の状態をバランスさせ、本来持っている自然治癒力を活性させる手技療法です。

 

大抵は優しいタッチで身体に 触れていき、身体の内側の膜に対して働いて(アプローチして)いきます。身体の内側のリズムを捉えることで、膜の捻れや固着を解いていき脳脊髄液の流れを活性させることを手伝います。解かれる時、身体の内側から力強い動力が生まれ解けていきます。その動力はクライアント(お客様)自身から発生し解けていきます。

むち打ち、眼精疲労、顎関節症、偏頭痛、腰痛、肩こり、関節炎、中枢神経のリラックス効果、自律神経系のリセット効果、事故後や、手術後の回復の促進のためにもとても効果が期待できます。心労に伴う不眠や免疫不機能状態にも非常に効果が期待できます。

​​クレニオセイクラルはポラリティセラピーの手技に組み込まれています。セッションでクレニオセイクラルのみをご希望な方はお声かけ下さい。

​より詳しくは

​日本ポラリティセラピーサポート協会

1477408960927.jpg

© 2018 by ao.polarity.henna

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now